今の仕事は向いていない、で終わらせない

最終更新日

おはこんばんちは
だーうえです。

 

仕事上の向き不向きで悩んでいると友達から話を聞いたのですが
そこで悩んでいたら、せっかくの時間が勿体無いと感じています。

  • お前はどうしてコレができないんだ!
  • 誰だってできるぞこんなの

こんな事言われたもんなら、そりゃ悩んだしまうのも無理はないと思いますが。
でも、諦めちゃいけません。大事なのは「それでもやる」ということ。

スポンサーリンク

同じ人間は1人もいないと言う事

企業にはマニュアルが存在しますが、
それが出来なくて、悩んだり諦めてしまうことが多いみたいです。

だーうえが思うに「結果がでない」ということで悩むのではなく、
そこに行き着くまでの過程と周りとの差で悩んでいるのではないかと思います。

なので大事なのは、それをこなす為の自分のやり方をちゃんと考えること。

同じ人間なんて存在しないのだから、
マニュアル通りにやろうとしたって周りと差が出てしまうのは当たり前ですよね。

なので、自分には無理だとすぐに思わずに
いかにそのマニュアルを自分流にこなせるかを考えていきましょう。

 

絶対に正しい方法なんてない

「仕事ができるAさんがこうやっているから、こうやらなくちゃいけないんだ」

という考え方はあまりお勧めできません。
それはAさんが様々な経験をし、そこに行き着いた結果であるので
いきなりそれをやろうとしてもおそらくできません。

飲食の世界では

だーうえの職場の話になりますが、
マネージャー曰く、レシピを教わっただけでできると勘違いしている人がいるそうです。

大事なのはその過程。

材料の入れる順番だけでも味のつき方が変わってしまうそうです。
だから見習いはシェフのやり方を必死で盗むわけです。

 

また違う話になりますが、
だーうえはお恥ずかしい話、記憶することが苦手で在庫管理ができませんでした。

前まではこの仕事向かないなーなんて甘っちょろいこと言ってたのですが、
記憶が苦手ならばメモを取って壁に貼っておく、という方法を取りました。

当たり前だよという話ではありますが、
その時はマネージャーが在庫は記憶しているからメモなんて取る必要はないという発言が

”在庫管理=記憶するもの”

として頭にインプットされており、記憶しなければいけないんだという固定概念にとらわれてしまっていたのです。

でもこれはこの業界での経験に長けているマネージャーのやり方であるので、
いきなりそれをやろうとしたところで頭がパンクするのは当たり前ですよね。

話は戻って

マニュアルをこなすのもそう。

それ通りにやるにしても、その過程の中で自分の得意不得意が出てくるはずなので

周りがこうやっているから自分もこうやらなきゃという考え方はせず
このやり方は自分には苦手だからこうやってみようという考え方が必要です。

仮にそれが周りより遅れをとってしまうような工夫でも
出来もしないことを無理してやるよりかは断然良いです。

それが今の自分にとって最善な方法であるならば。

大事なのは

得意不得意という概念を無くし、自分のやり方を見つけることです。
それが初めから良い結果にならなくても、それは自分にとって良い経験になるからです。

なので、1つ出来ないことで自分はこの会社に向いていないなんて思わずに
柔軟に考えて自分のやり方を考えてみてください。

 

日々勉強、では

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください