思考と感情を切り離したことで生じた新たな壁

最終更新日

おはこんばんちは
だーうえです。

今働いてる職場は自分を含めて2人で営業している為、怒られてしまった時に共有しあえる仲間というものがいません。

なので、このブログ内で紹介している没頭する話や思考と感情を切り離す話を自ら実践し、日々感じたことを自分だけで消化しては学ぶの毎日です。

その甲斐あってか、以前のように萎縮してしまう自分をコントロールすることはできるようになりました。

しかし、それと同時にある壁が出現したのです。

スポンサーリンク

無気力状態に陥った話

それは”マンネリ化”でした。

結果どうなったかと言うと

  • 前向きに行動できない
  • 指示待ち人間になる
  • 1つ1つの行動が遅くなる
  • 仕事が溜まっていく
  • やる気が起きない

などといったマイナスなことばかりに。

仕事はするんです。
ただ向上心が無くなってしまっています。

こうやって文章で書くくらいに頭ではわかっているのですが、前向きになればいいだけだとわかっていても、いざその場に立った途端、無気力な状態のまま、惰性で仕事に取り掛かっている自分がいます。

良くないですね。

心を強く保つ為に思考と感情の話とかを編み出したのに、これもある種、心が病んでいるのではないかと自分でびっくりしています。笑

簡潔に言うならば、
”明日やろうは馬鹿野郎”状態です。

自分の仕事が終わらずに定時に帰れないことは当たり前で、それでも終わらないものなら、朝早く来て続きをやる、というサイクルがここ数日続いています。

睡眠時間は3〜4時間ほど。

自分で自分の首を絞めているようなものなのに、
そこから脱出できずにいます。

怒られることに慣れてはいけない

マンネリ化という壁が生じた原因として、
怒られ慣れてしまったということが考えられます。

怒られることに慣れる
=怒られないように努力することを止めてしまう

今のだーうえの頭の中ではこのようなマインドになっています。

怒ると言うことは言い方は違えど、改善点を教えてくれている、つまり成長する上でのポイントを教えていただいたるということです。

しかしだーうえの場合、怒られることに慣れ過ぎてしまったことで、

「あー、また怒られてるなー俺」

というように、上の空な状態になってしまってしまい、相手が伝えようとしている大事な要素を聞こうという意思が抜けてしまっています。

怒られたことで萎縮してしまう状態より悪いことです。自分が成長するチャンスを逃してしまっているのですから。

怒られ慣れることなく、怒られないように努力しなきゃですね、俺。

努力はあくまで自分の成長の為

思考と感情は別物論〜仕事の効率をはかる為には〜では感情に浸りながら仕事はしてはいけないと説いていました。

「怒られるの嫌だからこれをしなきゃ」という感情を頭に巡らせたまま仕事をすると、怒られない為に作業するという雑念が仕事で必要な思考を邪魔する原因になるので、余計な感情を隅に追いやり思考のみを働かせて仕事に没頭することが大事でしたね。

つまり怒られないように努力するということは、文章そのものの意味だけで捉えるのではなく、

怒られない=仕事に対する向上心

であることを心に留めておいてください。

上で言ったように成長のチャンスですね。

それでも続くマンネリ

実は怒られ慣れによって向上心を無くしてしまったことが無気力さの原因であることは、この記事を書く前からなんとなく把握していました。

ではなぜ、このようにして自己分析できているにも関わらず、いまだに無気力な状態が続いているのか。

それは仕事をする上で大事なモチベーションに関わってきます。

モチベーションは大事な要素

怒られ方って人それぞれで、それの受け取り方も人それぞれだと思うのですが、

だー上の場合、怒られすぎると、途端に相手に興味を失う傾向があります。(なんて自己中心的なんだ笑)

特にブログでは載せられないような罵声を浴びせられ続けると余計にそうなります。

この人と一緒にこの仕事を頑張っていくんだと思っていた気持ちはどこへやら、です。

もともと今の仕事についたのも、その業種に興味があったと言うよりかは、そこで働いているスタッフの人柄に惚れ、この人達の元で一緒に働くことで得るチームとしての達成感や学びを得たいと感じたからです。

しかし、一緒に頑張っていこうと決めた同僚が退職してしまったり、2人しかいない職場で叱られ続ける日々が、本来の目的を霞ませていきました。

つまり働く上での心のあり方が正しいものだったとしても、モチベーション1つで前に進むことも、その場に留まってしまうことも可能なわけです。

まとめ

モチベーションの作り方が今後の課題です。

ネットできっと色々な情報があるとは思うんですけど、やっぱり大事なのは自分のやり方を見つけること。

そうでないと、上辺だけになってしまうからね。

ちょっと探ってみます。

日々、勉強。

では

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください