没頭=思考と感情の切り離し

最終更新日

おはこんばんちは
だーうえです。

 

ネガティブな人とポジティブな人の思考と感情についての話を何度か話していますが、
感情の切り離しがやはり苦手だと言う方もいるとは思います。

いきなり今の環境に持っていくのは大変かもですよね。

感覚としては、”没頭”=”感情と思考の切り離し”だと最近考えているのですが、
わかりやすい例としてはパズルだったり塗り絵だったりをしている時の感覚ですかね。

スポンサーリンク

没頭のススメ

精神科に通っている知り合いは心が落ち着かない時によく塗り絵をするそうです。
そうすると心が落ち着くと言っていました。

何か1つのことに没頭することで、負の感情を切り離し思考のみを働かせることができているってことなんでしょうね。

皆さんも何か1つのことをやっていて気がついたら数時間が経ってたなんて経験があると思いますが、
これを日常化できる状態にあると、思考と感情を切り離すコントロールが出来るようになり、
常に不安な心の状態から抜け出すことができるんじゃないかと考えます。

だーうえは

家から最寄駅まで徒歩40分ある道のりを

  • 「こうやって腕を動かしたら、こういう軌道になるのか」
  • 「今使っている足はこう動かすとココが反応するのか」

と言った具合にバンド時代にやっていたドラムにおいての体の動かし方を常に意識しながら歩いて帰っていたのですが、気づいたら家に着いているなんてことがしょっちゅうありました。

ネガティブ人間であるだーうえですが、もちろんその時にネガティブな感情は一切出てきていません。

些細なことでも良いと思います。

初めのうちは没頭しきれないかもしれませんが、
普段の生活の中で負の感情でいっぱいの人、浸りそうでソワソワする人は、仮にその感情を切り離せなくとも、最初はそれに覆いかぶせるような感覚で些細なことに意識を集中してみてください。
足が地面についている感覚、コップを持っている右手に伝わる冷たい感覚、なんでもいいです。

とにかく思考のみを巡らせることが大切です。そんなことでさえ有意義な時間になりますよ。

 

こうやって日頃からちょっとずつ心のコントロールをこなしていきましょう。

だーうえも頑張ります。

 

 

日々勉強、では

 

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください