思考と感情の切り離しが難しいのはいつ?

最終更新日

おはこんばんちは
だーうえです。

 

だーうえが導き出しつつある「思考と感情は別物論
これが難しいタイミングを見つけたので、ご報告したいと思います。

スポンサーリンク

◯◯活が難しい

結論からズバリ言うと、それは”朝”です。

自分を変えたい気持ちから朝活を挑んでたが、長続きせずやらなくなってしまった経験はよくある話だと思います。
だーうえもそうでした。

 

これを思考と感情の切り離し論で分析すると、

「朝活しなきゃだけど、あと5分だけ、、、zzz」ってな具合に
圧倒的に感情(この場合は睡眠欲といえばいいのかな?)が優っています。
ましてや、朝活のことすら覚えていないかもしれません。

つまり思考と感情の切り離しが体に染み付いている人は眠くても、朝活が長続きしやすいのだと思います。
そしてそれが続くようになり、意識しなくても朝活を自然にやっているということになるわけです。

もしも朝活をしたいのだけれど、できていない人がいたら次の2つを試してみてください。
だーうえは実際にこの方法で朝活ができています。

 

ステップ1:寝る前の準備

朝活で何をやるかは人それぞれだと思いますが、
寝る前に朝活の準備をしておくのと、しておかないのでは起きた時の頭の働きが違います。

  • 寝る前の準備
  • 起きた時に見える準備された光景

この2項目があるだけで思考と感情の切り離しがしやすくなります。

ステップ2:携帯のアラームにタイトルを

携帯のアラームを使っている人は、アラームが鳴った時に画面に表示される文字を
「思考と感情を切り離せ!!」に設定してみてください。

「朝活をする」だと脳への刺激が弱いです。
冒頭でも言ったように「あと五分現象」に陥りやすくなります。

 

まとめ

以上が朝活に向けての準備です。
これだけ?って思うかもしれませんが、実際に試してみてください。

物事は意外とシンプルです。

もしこれでも出来なかったら連絡ください笑

 

日々勉強、では。

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください