頭が良くなるには?脳が活発に活動するタイミングについて

最終更新日

おはこんばんちは
だーうえです。

”頭が良い”ということは誰しもが憧れることですよね。
テストで高得点を取る為の学力、社会で生きる上での賢さなど、頭の良さにも色々種類があり、人それぞれで求めてるものが違うと思います。

今回はその根本となるであろう、
頭が良くなるタイミングについての話をしたいと思います。

頭が良くなる方法ではありません。タイミングです。

、、、、タイミング?

スポンサーリンク

こんな経験ありませんか?

  • ふとした時に何か閃く瞬間
  • 何のことかわからないが急にやる気が出た
  • 点と点が繋がるような感覚

自分では意識していないのに、
急にこのような現象に出くわしたことはありませんか?

感覚的なことなので上手く言葉にできないのが悔しいのですが、
実はこれ、脳が頭が良くなる為に活発に動いている瞬間なんです。

 

そんなのないよ〜って人は日頃の生活をよーく意識してみてください。
絶対にあるはずです。

 

経験談1

というのも、だーうえの経験上この感覚は一瞬のことで、
この話を知らないと通り過ぎてしまうような短い時間でした。

  • ただ言葉には表せないような感覚
  • 心の中に日が差したような感覚
  • ぐわぁ〜と何かが分泌されたような感覚

これらが一気に押し寄せ、一気に無くなっていきました。

 

自分で言っといて胡散臭いですがw

 

スポンサーリンク

大切なポイント

大切なのは、
この感覚が、どのタイミングで来たかを自分で把握しておくことです。

そのタイミングを知ることができれば、
その状況に日頃から近づくことで脳が活発に動きやすくなる手助けになります。

その状況を詳細に覚えておくのがより良いです。

 

経験談2

ちなみにだー上の場合、

  • 朝、シャワーを頭から浴び続ける
  • 職場に向かう道中、モノレール越しに晴れた空を見上げる
  • 帰り道にモノレール下を大股で歩く

これらの環境下に置かれた時に、
この感覚が頻繁に出てくることが多いことがわかりました。

 

なので、モノレール越しに晴れた空を見上げながらシャワーを浴び続け、かつ大股で歩行すれば、脳がフル活用され、すごいことが起こるのではないかと思います。

 

まとめ

  • 脳が活動する時に何かしらの感覚を得ることがある
  • その感覚は一瞬
  • 脳が活動したタイミングを覚え、その環境下に日頃から近づくようにする

 

みなさんも何気ない瞬間を見逃さないよう意識してみてください。

 

日々勉強、では。

スポンサーリンク

シェアする

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください