だーレポ〜登山家だーうえによる高尾山登頂・稲荷山コース編〜

最終更新日

おはこんばんちは
だーうえです。

 

ネガティブ人間には珍しく行動あるのみ精神がふと芽生え、
その日の思いつきで高尾山に行ってまいりました。

スポンサーリンク

いくつものルートが存在する

高尾山には沢山のルートが存在していました。

写真に写っているのは、だーうえではありません。

現地の方に話を聞いてみたところ、高尾山に初めて登る方は
山道が舗装されていて比較的登りやすいコースである1号路がオススメとのことでした。

なので、現地の方の意見を無視して一番険しいとされている稲荷山コースに挑戦してみました。

稲荷山コース

気合十分でいざ山道に挑戦してみましたが、初めからすごい足場の悪さにビックリしました。
まるで山が人間の侵入を拒んでいるかのような山道。

このコースに挑戦しようと考えてる人には登山用じゃないにしろ、
しっかりとした靴でいくことをオススメします。ヒールで行くなんか以ての外です。(当たり前だが)

前日に雨が降っていたそうで、足場がヌカルんでいる箇所もチラホラあったので、
天候もちゃんと調べていったほうがいいかもですね。(当たり前だが)

 

これこそがマウンテンマウンテン。

 

登山のマナー

足場の悪い山道をひたすらに走っている人と遭遇。

トレーニング目的で来る方も数人見かけました。
足腰を鍛えるにはぴったりのコースですね。

これは登山のルールなのかな?すれ違う人とは挨拶をしましょう。「こんにちは〜」って。
イヤホンをつけていル人には無視されますけど、ほとんどの人は挨拶してくれますし、逆に向こうから挨拶をしてくれる方もたくさんいます。

普段他人に挨拶することなんて滅多になくなってしまった現代において、とても気持ちの良いやりとりです。

 

頂上までは約2時間ほど

やっとこさ、頂上に到着したわけです。
ブログだとあっという間ですねw

中学校の部活以来ですね、たくさん汗をかきました。
皆さんこまめに水分補給はとりましょう。

 

まとめ

稲荷山コースを侮ることなかれ!

気をつけること

  • ちゃんとした靴で行く
  • 水分を持参すること
  • すれ違う人には挨拶をする
  • 山を味わう

 

だーレポ〜登山家だーうえによる高尾山登頂・1号路編〜に続く

 

スポンサーリンク

シェアする

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください